不眠症=【全く寝ない】ではなかった

私が不眠症を発症したのは23才のときでした。当時私はデザインの仕事に携わっており、受け持つ案件もいくつかあり帰りは毎日夜中か時には朝でした。クライアントと自分の通したいイメージが合致しないと作品としてオッケーがでず、朝から晩まで、また休みの日も時には夢の中にもアイデアのことで、いっぱいで、四六時中考えてました。

またヘビースモーカーでもあり眠気をとばし、時間をおしんで仕事をしました。いつしか食欲もなくなり、化粧も適当で、身支度もどうでもよくなりました。そのころから眠ろうと思っても寝れなくなりました。

ある日、プツンと糸が切れたように死にたくなり仕事ができる状態でなくなり、親につれられ精神科にいくと、うつと不眠症との診断で、それからは医者の出す薬の服用と母がちょっとでもよくなるようにと探してきた不眠症のサプリメントを飲む毎日でした。

私が体験した不眠症は寝つくことができないというものであり睡眠薬を服用していました。寝ようとすると色んなことを考えてしまい、寝ようとすればするほど、寝れなくなりそれがストレスになり悪循環でした。寝れない焦りもあり、なんとか寝なければと思い、ネットで検索してはたまねぎには寝付きをよくする作用があるということを知っては切ったたまねぎを枕元においたり、ホットミルクが寝つきをよくすると聞けばのんでみたり、運動をすればつかれるかなと思いやってみたり、不眠症のサプリメントが効くと聞けば買いにいったり、また昼夜逆転をなおすため、朝日を浴びたりしていました。

とにかく聞いたり調べたものはかたっぱしから試してみました。

不眠症といっても私のようなパターンから、途中で起きてしまう中途覚醒など、いろいろあるそうですが、どのパターンでも健康を害するのは同じ。中途覚醒サプリなどを利用するなど、なにごともほどほどで過ごすことをおすすめします。

コメントは受け付けていません。